ラブロシャンプーの危険性を調査|副作用についての口コミはあるのか?

美容師からの評価も高い、天然由来成分配合のオーガニックシャンプー、「ラブロ(Raburo)」。

評判が良いとはいえ、副作用などが起きる可能性はないか、というのは気になりますよね。

ラブロシャンプーに危険性・副作用の心配はあるのでしょうか?

【ラブロシャンプー】危険性・副作用の心配は?

ラブロシャンプーの危険性・副作用について、口コミと成分の観点から調査をしました。

ラブロシャンプーの安全性はいかに…?

副作用があるのか口コミ調査

ラブロシャンプーで副作用が出た、という事例はあるのか口コミを調査しました。

洗い上りにヒリヒリなどない

敏感肌なので、自分に合わないシャンプーだと頭皮がすぐヒリヒリと痛みます。

ただ、ラブロシャンプーを使い始めてから、ヒリヒリすることがなくなりました。

洗いあがりもさっぱり・すっきりするので気に入っています。

かゆみも治まりました

日々のストレスで頭皮が荒れ、いつもかゆくて仕方がありませんでした。

どうにかしたいと思い、口コミで評判のラブロシャンプーを見つけ、使ってみることに。

すると、気付けば頭皮のかゆみが気にならなくなっていたんです。

使い心地も良く、指通り滑らかで気に入っています!

口コミまとめ

  • ヒリヒリしない
  • かゆみが治まった

口コミでは、症状が悪化したなどといった声は確認できませんでした。

副作用が起きるなく使うことができそうです。

肌に優しいって嘘?危険な成分は配合されているのか

ラブロシャンプーに副作用がないことは分かりましたが、成分面はどうでしょうか。

口コミでは確認できなかっただけで、実は危険な成分が配合されていた…なんてことがあったら大変です。

一般的にシャンプーでの刺激は、洗浄成分と防腐剤の影響によるものが多いんです。

ラブロシャンプーを成分解析し、問題ないかも調べました。

洗浄成分の刺激

配合されている洗浄成分によっては、洗浄力が強すぎて頭皮に刺激を与えてしまうことも。

シャンプーにおける洗浄成分とは、界面活性剤のことを指しています。

界面活性剤の中でも、高級アルコール系(ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウムなど)の界面活性剤は洗浄力が強く、本来必要な分の皮脂まで洗い流してしまいます。

いわゆる硫酸系とか石油系海面活性剤と呼ばれるものですね。

すると、不足した皮脂を補おうと、過剰に皮脂分泌が行われてしまい、頭皮にダメージを与えることになってしまいます。

しかし、ラブロシャンプーはアミノ酸系洗浄成分が配合されたアミノ酸系シャンプーで、頭皮へのダメージを抑えつつ髪を洗うことができます。

アミノ酸シャンプーは、アミノ酸系界面活性剤がつかわれているのですが、これは人の肌と同じ弱酸性であり、髪の毛と同じアミノ酸構成となっているため、お肌や髪に馴染みやすい成分なんです。

洗浄力も強すぎないので、頭皮に優しく髪を洗うことができるんです。

さらにノンシリコンで補修成分も配合されているので、ヘアケアも同時にできますよ。

防腐剤の影響

防腐剤は、シャンプーに雑菌が繁殖しないようにするために使われます。

殺菌作用があるのでシャンプーを清潔に保つことができる一方、髪や頭皮への刺激も強くなってしまいます。

しかし、ラブロシャンプーには防腐剤の代表的な成分のパラベンが無添加です。

だからお肌や頭皮に優しく、副作用もなく使えるんですね。

まとめ

ラブロシャンプーは危険性や副作用の心配なく使うことができる、ということが分かりました。

むしろ、「かゆみが治まった」「ヒリヒリせずに使えた」といった、プラスの口コミばかりでした。

配合されている成分にも、副作用などの恐れはなかったので、神経質になる必要はありません。

安心してラブロシャンプーを使うことができますよ。

永久全額返信保証付のRaburoシャンプー

50%OFF記載バナー

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【成分解析】ラブロシャンプーの効果|頭皮のエイジングケアは可能なのか

ラブロシャンプーは抜け毛に効果があるの?原因を排除する方法

【通販】ラブロシャンプーを楽天・Amazonでの購入は得?最安値を調査

【要確認】ラブロシャンプーの解約方法・永久全額返金保証の使い方まとめ

ラブロシャンプーはアトピー肌でも大丈夫?問い合わせた結果